ブラックリスト!?

2018-03-11

こんにちは!東日本大震災より今日で丸7年、亡くなられた方にご冥福をお祈りいたします。

今日は住宅ローンの個人信用情報について!

金融機関は住宅ローンの返済が一定以上遅れたり返済不能になった時のために保証会社を利用します。

この保証会社が住宅ローン申込者の状況を調査して貸付の決定をしますが、その時に行うのが”個人信用情報の調査”です。3つの個人信用情報機関がありますが、これは過去のクレジットなどの使用状況や事故のデータバンク。

事故とは未払いが残っているケースで俗に言う”ブラックリスト”に載っている状況、これだと住宅ローンは組めなません。

次に支払い延滞が度重なるケース、本人は”払っているから大丈夫!”と思うかもしれませんが、遅れることは約束を破っていることでこちらも保証会社の心証(しんしょう)は悪くなります。

自身の個人情報は郵送で取得できますので、ローンが否決された場合は今後のためにチェックしておくことが必要でしょう。

ブラックリストに載っていた人が、その状況を説明して金利も含めて全額返済したら、その後ローンが組めたケースもあります。

水戸で自由設計・注文住宅の新築、リフォーム、不動産仲介ならハウジングアイへ