ホールダウンアンカー&アンカーボルト

2017-11-03

こんにちは!

ハロウィンも終わり11月、残り2か月になりました(焦)

水戸市見川町の現場は基礎工事も大詰め、基礎立上り部分の枠が組みあがりました。この枠内にコンクリートを流し込みますが、その前に補強金物の位置などをチェック。

基礎そのものの配筋検査(瑕疵保険対象)は先日合格していますが、今日は基礎と構造体を接続する金物を自主検査です。

ホールダウン金物は基礎と柱を緊結するもので、地震・台風などの時に力が掛かる重要部分の柱と基礎をつなぎます。

アンカーボルトは基礎の上に乗せる土台が浮かないように基礎とつなぐ金物。

どちらも位置や間隔が図面上に明記してあり、それに従い基礎業者さんが取り付けますが更に万全を期すためにチェックしました。

11月15日(水)の上棟に向けて最終段階です!

写真中央左付近にチョット頭を出しているのがアンカーボルト、飛び抜けて頭を出しているのがホールダウンアンカーです。

 

水戸で自由設計・注文住宅の新築、リフォーム、不動産売買仲介ならハウジングアイへ