断熱材吹付&防水検査合格

2017-06-19

こんにちは、水戸は曇り。

平須の現場は断熱材施工中です。アクアフォームといって現場で吹き付けるタイプ。2つの液を混ぜ合わせてノズルで屋根下や壁に吹き付けます、出てきた液体はすぐにムース状に膨張するというモノ。

とにかく断熱材の連続性が確保できるので省エネで快適な住空間が実現できます。壁75ミリ・屋根下160ミリ以上が自社基準、なので厚みを確保するのに多めに施工して余分なところをカットして仕上げることに。

まるで塗装と同じ、しっかりと汚れ防止のビニールで包んで細心の注意で施工してました。

こんな状態なので大工さんはお休みです。

外部では住宅瑕疵保険3回目検査(任意検査ですが受けてます)の防水下地検査を実施、もちろん一発合格ですよ!雨漏れも10年保証ですから重要な検査です。

水曜からは外壁材の施工もスタート、現場は中盤に差し掛かり色々な業者さんが出入りします、工程管理をさらにしっかりしなくちゃ。

 

完全武装で施工中!

床・窓など汚れないようにしっかり養生してます。

別々の液体を吹き付ける直前に混ぜます。

外部では保険会社JIOから委託された検査員が外装下地を念入りにチェック。

こちらはもう一つの現場です。

土間コンクリートの打設が完了。

 

水戸で新築、リフォーム、不動産売買仲介ならハウジングアイへ