基礎の鉄筋検査、合格

2017-05-24

こんにちは!曇りで蒸し暑い感じですネ!

平須町の現場は建物瑕疵保険1回目の基礎鉄筋状況検査でした。建築会社が倒産や廃業してしまった場合でも、10年以内の構造不具合・雨漏れを修理できるのが瑕疵保険。

新築建物は付保することが義務付けられていて、当社ではJIOに保険を加入します。

ガンの人がガン保険に加入できないように、建物も適切な施工がされてなければ保険加入には至りません。

今回は基礎の鉄筋を中心に、建築士を持ったJIOからの委託検査員が厳しく☑しました。

もちろん合格!これで明日、予定通りに土間コンクリートの施工が出来ます。

2回目は上棟後に構造体と取付金物などが図面通りか?☑されます。

3回目は防水下地検査。こちらは任意検査ですがハウジングアイではもちろん受けます。だって雨漏れが保険の10年対象だから、当然のことですよね!一般に知られていないことですが、新築時の大切な☑ポイントですよ!

検査中。指摘がないか?ちょっぴりドキドキ。

排水管を通す管を先行して埋設。

基礎に貼る断熱材も到着。

 

水戸で新築、リフォーム、不動産売買仲介ならハウジングアイへ